正直たたみ®とは

施工サービスにともなうオリジナル無料サービスが好評です

純国産の「い草」や「和紙」などの安心素材を使用した伝統の職人技をお届けいたします。施工サービスにともなう、ご面倒な家具移動や移動後のお掃除サービスなど、専門店のオリジナル無料サービスが好評です。各種サービスや料金プランに関するご質問、ご相談はお気軽にスタッフまでお尋ねください。

正直たたみ®とは

日本国内で使用される畳の80%が中国産といわれていますが今井畳店では、


・国産のい草で織り上げた

・つくってくれた人の顔が見える

・安心安全のブランド


[正直たたみ]を中心に取り扱っています。


正直たたみ{畳屋道場}とは、その名の通り畳屋を鍛える道場です。国産畳表の生産地、熊本県八代市、日本の畳表の95%以上を生産しています。 しかし、平成元年に約5,800軒あった「い草農家」は平成24年で約600軒にまで減りました。日本の畳は80%以上が中国産といわれています。それは、過激な価格競争が生んだ”畳業界の都合”です。そんな環境の中で「国産のい草」は急激に衰退していきました。過去には住宅ブームがあり、畳はつくれば売れるという時期もありました。今でも畳業界には、その流れが続いているのかもしれません。でも、畳の本当の良さは『本当の畳』を使っていただかないと分からないのです。

[正直たたみ]を中心に取り扱っています。

私たちは、”時代遅れ”といわれるかもしれませんが、安全と品質にこだわった「国産い草」で織り上げた畳表を使い続けます。

私たち畳屋道場の取り組みは、本当の現場での体験研修です。一軒の農家に1人ずつ寝食を共にして作業をするホームステイをします。プロ同士の真剣勝負の中、生産農家の苦労や思いを身体で感じます。

「正直たたみ」にはそんな現場での、生産農家と畳職人が一緒になってつくりあげる”物語”があります。今までの流通では、畳屋が生産者に関わることはありませんでした。だから、本当の現場を知る畳屋はとても少ないのです。私たち畳屋道場は、実際に農家と一緒に作業をして、本当に良い畳、作り手の思いを”肌で感じる”のです。

[正直たたみ]は国産い草の生産地である熊本県八代市の『和たたみの里八代生産販売組合』と、「農業」と「たたみ文化」という基本から考え直し、お客様に「たたみはいいねー。」「日本人でよかった。」と喜んでもらえるような畳店のネットワーク『畳屋道場』とで作り上げたブランド畳です。

国産/ブランド畳と聞くと高いとお思いになられるかも知れませんが当店では幅広い価格帯の商品を取り揃えており、普及価格帯であっても国産畳表をご提供しております。

イグサ生産者紹介

畳表の原料のい草は田んぼで栽培されています。

品種が同じい草を植えても育ったい草の質は全く違うものができます。その違いは、作り手の想いの違いです。毎日田んぼに行く人、週に一回の人。毎年工夫に工夫を重ねる人、毎年同じ事を繰り返すだけの人。その点だけからも製品に大きな差ができることがわかると思います。ですから私達は、作り手同士の“人と人との交流“をとても大切にしています。互いに大切なパートナーとして、お客様に「やっぱり畳はいいなー。」と言っていただけるように心を込めてものづくりに励んでいます。くどいようですが「ものづくり」は「人」で決まります。

国産畳5つの条件

1. 顔の見える素材

01
素材を見ると、その人の顔が浮かんできます。それくらい気持ちが通じ合っている生産者のものだけを提供してまいります。

2. 名前がはっきり分かる素材

02
国産たたみは、い草の栽培から加工まで一貫して一軒の農家が行います。畳についてる名前は、品質に自信と責任がある証拠です。

3. 徹底した品質管理

03
たたみは生産農家が織ります。その織りの段階でQRコード付のタグを織り込みます。生産状況がきちんと公開されています。

4. JAの公認ブランド

04
JAブランドの公認を受けるには、いくつもの基準と厳しい検査をクリアしなければなりません。

5. 丈夫で長持ち

05
良いたたみは日に焼けて使い込むほどに、つやのある「あめ色」に変わってきます。